プロフィール

まるまるさん

Author:まるまるさん
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

05 | 2014/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
真面目な出会いを求めて、結婚や出会い系サイトを紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
優良出会い系サイト

話が脱線しましたね、それでは男性用の補正下着にはどんな機能があるのでしょうか。しかも、それが意外に売れているのです。確かにブラジャーやショーツというのは女性用の下着です。女性用の補正下着はピンク系や赤系の女性的な可愛い色使いとなっているのですが、男性用の場合は黒やグレーなど、男性的な色使いになっているのはなるほどとうなずいてしまいました。まず一番売れ筋となっているのがポッコリと出てしまったお腹を平らに見せるガードルです。筆者はそこまで想像しませんでしたが、男性用補正下着と聞いて真っ先にそれを想像する人が意外に多いと書かれていたのを見たことがありますので、付け加えました。

ところで、男性にとって異性から良く思われたい部分について、決して股間が大きく見えるようにするというものではありません、誤解の無いように念のため。他にはヒップラインを上げて足が長く見えるような補正機能を持ったガードルなどです。男性用の補正下着とはどんなものでしょうか。本来ならこんな補正下着に頼ることなく、運動不足を解消して日々の飲みすぎ食べすぎをやめれば体型というのは自動的に美しくなるものなのですが、それもなかなかままならないという男性諸氏にかなり売れているそうです。また、女性の補正下着でも同じことが指摘されていましたが、男性の場合は通気性が悪いと大事な部分がむれてしまい悪影響があります。

補正下着の話をしていると、全てが女性を意識したお話になってしまいます。最近の男性用補正下着は通気性の良い生地が使われており、そのあたりの改善も進んでいるようです。これは男性のお腹にあった腹筋が衰えることによってこれまでは筋肉が締め付けていたものの締め付けが緩んでしまいお腹が出てしまうという原因や、最近よく話題になっている内蔵脂肪の増加による体積の増大、いわゆるメタボリックシンドロームも考えられます。男性の場合はそれがどうなのかと言うと、やはり気になる人は非常に多いそうです。女性の場合はバストが下がってしまうなどの悩みが多くなりますが、男性の場合はお腹が出てしまうという悩みが圧倒的です。

筆者が気づいたことなのですが、補正下着にも多少はデザイン性があります。ところが、最近では男性用の補正下着があります。確かに男性も年齢を重ねるごとに体型は見る見る変わります。補正下着というのは外見上の体型を美しくて異性から良く思われたいという願望から生まれたものであるのは言うまでもありません。女性にとって顔が美人かどうかと同じくらいプロポーションは大切ですから。


お見合いしてきました~!お見合い相手は、、、な感じだったんですけど、振袖も着れたし、おいしい懐石料理も食べれて、なかなかイベントとして楽しかったかな。
お見合いはしたことないのですが、近々お見合いすることになり、ネットでお見合い体験談を読み漁っています。
都心部でも「出会いが少ない」と言われている現代では、地方の男性は、女性と出会うチャンスが少なく、また農業漁業をやりたいという女性が少ない、などのさまざまな要因がある。
お見合いの返事をあまり延ばしすぎないことは、大変重要です。
通常の合コンと比べても「安心」の度合いが違うでしょう。
あまり期間が長くならないよう、覚えておきましょう。
結婚相談所に登録するには、それなりの費用が必要となります。
お相手に失礼の無いマナーなどに気をつけて、お見合いから成婚へと進みたいものですね。
お見合い写真というのは、一体どのようなものが良いか悩みますね。
お見合い身上書と履歴書はほぼ同じようですが、若干違いがあります。
スポンサーサイト
【2014/06/29 06:40】 | 出会いを求めて |
| ホーム | 次ページ
ブログ内検索

リンク

  • 出会い系サイト
  • 女にもてる男になるには
  • 出会いを求めて
  • 真面目な出会い
  • 出会い
  • 出会いの法則
  • はげ
  • 完全無料出会い系サイト
  • 優良出会い系サイト
  • 出会い系サイトの評価
  • RSSフィード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。